宇宙大好き主婦

日々宇宙の事を考えている主婦です。周りに宇宙好きがほとんどいない、なら自分が詳しくなってやれ!!と始めたブログです。一緒に宇宙の疑問を解決していきましょう!

天の川とは何?なんで川のように見えるの?

f:id:xplanetwoman:20190920124804j:plain

こんにちは。宇宙大好き主婦カエデです。

 

皆さん、天の川ってみたことありますか?

私はありませんッ!

う、う。。。何度か見ようとしてみたものの

天気が悪くて見えなかったり、ほんと、天の川に限らず

星空には縁がないんです。。

 

実際見たことはないけど、画像なんかでみるとすっごくきれいですよね~☆彡

でも、昔から疑問が、、

なぜ天の川って見えるの?

私たち太陽系はは天の川銀河の一員ってことは何となく知ってるけど、

中にいるのに川のように夜空に見えるのってなんだか不思議、、。

ってことで調べてみたッ!!

 

 

銀河と銀河系の違い

まず、銀河と銀河系の違い皆さん知ってますか?

 

私は知りませんでした!

 

そもそも銀河とは、たくさんの星の集まり(集団)のことです。

宇宙には1700億個の銀河があると断定できるそうですが、

実際には2兆個ほどの銀河が存在しているのではないかと言われています。

 

そして、銀河系とは私たち太陽系も属する銀河のこと。

天の川銀河」とも言います。

銀河系=天の川銀河という認識で良いと思います。

 

天の川銀河について

私たち太陽系が属する銀河を天の川銀河と言います。

天の川銀河は、直径10万光年、中心部の厚みが1万5000光年の円盤状の星の集まりです。

天の川銀河の恒星(太陽)の数

天の川銀河には2000億個もの恒星(太陽)があると言われています。

 

2000億個も太陽があったら、惑星の数なんて計り知れないですね。。

 

太陽系の位置

f:id:xplanetwoman:20190920133427j:plain

 

天の川銀河での太陽系の位置は中心から約2万6000光年と推定されています。

 

太陽系が天の川銀河を公転する速度

地球は、自転をしていて、太陽の周りを公転しています。

さらに、天の川銀河の中でも回っています。

 

 その速度なんと、時速86万400km!!(秒速240km)

約2億年かけて天の川銀河を一周しています。

 

中心はどうなっているの?

天の川銀河の中心には、太陽の300万倍もの質量を持つ巨大なブラックホールがあることがわかっています。

天の川銀河ブラックホールは静か!?

f:id:xplanetwoman:20190920203500j:plain

出典:NASA 

天の川銀河に限らず、他の多くの銀河の中心にはブラックホールがあると考えられていますが、多くの銀河には非常に活発に活動しているブラックホールがあると考えられています。

一方、天の川銀河ブラックホールは比較的静かだと考えられています。

なぜそのように考えられるかと言うと、「磁場」が関係しています。

簡単に説明すると、天の川銀河ブラックホールには、ブラックホールに塵やガスが吸い込まれるよう誘導する磁場の他に、ブラックホール周辺の軌道へと誘導する磁場も存在するからです。

 (多くの銀河のブラックホールは周辺機の軌道へ誘導する磁場はないと思われるため、活動が活発)

上記の画像は、天の川銀河ブラックホール周辺の磁場の流れをを現した画像。中心へと流れる磁場(青線)のほかに、周辺へと誘導する磁場(ピンク線)が確認されます。 

 

なぜ川のように見えるの?

f:id:xplanetwoman:20190920185104j:plain

 夜空を川の流れのように帯状に天の川が見えるのはなぜでしょうか?

天の川銀河は立体で考えるとどら焼きのような形をしています。

上や下から見ると丸く渦を巻いていますが

横から見ると平たいお皿の真ん中だけが膨らんでいるような形をしています。

上の画像を見ていただくと分かる通り、

天の川銀河を中心に向かって横から見ているので、あのような形になるんですね

 

なぜ真ん中だけ厚みがあり明るいの?

そして、なぜ真ん中はこんもりと厚みがあり、明るいのでしょうか?

 

それは、先にも述べたように、銀河の中心にはブラックホールがあります。

ブラックホールはその強い重力でたくさんの星を集めています。

太陽系は天の川銀河の中心からおよそ26000kmの位置にあるとお話しましたが、

そのくらいの位置だと、10光年の間に恒星は2個~5個程度しかありません。

(太陽系から一番近い恒星まで4光年あります)

しかし、銀河中心のブラックホールに近づくと太陽と木星ほどの距離にまで

恒星同士が近づいています

とても狭い範囲で星がひしめき合っているわけですね。

その結果、中心部分がとても明るく光って見えるわけです。

夏に天の川が見れるのはなぜ?

f:id:xplanetwoman:20190920194814j:plain

実は、天の川は一年中見れるのですが、

季節によって見える位置が変わります。(上図参照)

 さきほど、天の川は中心に向かって横から見ているとお話しましたが、

そうなっているのは、夏だけなんです。

冬は天の川銀河の外側しかみれません。

 

それはなぜか、、

今度は下の図を見てみましょう。

地球は一年かけて太陽の周りを公転しているので、夏の夜空では天の川銀河の中心部、冬の夜空には銀河の外側を見ることになります。つまり、冬には銀河の中心部と地球の間に太陽が挟まれている形になってしまいますね。なので冬の夜空に銀河の中心部を見ることは出来ません。。

f:id:xplanetwoman:20190920200916j:plain

 

天の川の事を沢山調べていたら、ますます本物を見たくなってきちゃいました。。

オーストラリアには天の川の明かりだけで、

影が出来てしまうほど、きれいに天の川が見れる場所があるそうです。。

いつか絶対行ってみたなぁ~。。

 

プライバシーポリシー お問い合わせ